EnCube(インキューブ)で上達した人がみんな考えていたこと

EnCube(インキューブ)で上達した人がみんな考えていたこと

なぜEnCube(インキューブ)で上達するのか調査をしていると、英会話が話せるようになった人たちの喜びの声をよく見ます。

そのためか、この人たちにある共通点があることがわかったのです。

自分で限界を決めていた

「英会話ができるようになるためには、才能が必要だと思っていました」

これが多くの上達した人たちが言っていたセリフです。

英会話が才能と思ってしまうのには理由があり、大きなものが挫折です。

「学校のテストができなかった」「ネイティブの言っていることがちんぷんかんぷん」など、英語に対するそうした苦い経験が、英会話は難しいという印象になってしまっている。

だから特別な才能がない自分には無理だろう、と自ら限界を決めていたのです。

英会話上達の鍵は才能ではなく発音練習である

英会話ができるようになったのは、最後の勇気を振り絞ってEnCube(インキューブ)に挑んだ人たちです。

EnCube(インキューブ)をやって

「英会話に才能は必要ない」

「正しい発音を練習するだけなんだ」

ということに気づきます。

これまでできなかった英語が、EnCube(インキューブ)でできた。そうした喜びがモチベーションとなり、英会話のスキルアップに繋がったのでしょう。

もしあなたも「英語は才能」と考えていたら、EnCube(インキューブ)をやってみてください。

EnCubeのイメージ画像
EnCubeのHPを見る トップページを見る